私は家族で賃貸マンションで暮らしている、30代のサラリーマンです。家族には妻と二人の子供がいます。私は中古住宅の物件の購入を考えて、物件探しをしています。
物件探しには不動産業者が、提供している不動産情報の利用をしています。
情報サイトの中では多くのカテゴリを使っての、物件検索が可能になっています。私は会社への通勤を考えて路線や、販売価格や間取りなどのカテゴリを利用して、中古住宅を探しています。
不動産情報の中では多くの物件が見つかりますし、詳細の情報も提供されています。


物件詳細の中では間取りプランや構造や、築年数や設備や地域環境等も掲載されています。
気に入った物件があった場合は、不動産業者に問合せをして見学することもできます。
私も先日には条件に合った物件を見つけて、不動産業者に物件の問合せをして見学をさせてもらいました。見学した中古住宅は築18年の物件で、理想的な物件でした。地域環境も恵まれた物件だと感じましたし、現在では不動産業者と値段の交渉をして、物件の購入を検討しています。東京の不動産価格については、今後上昇トレンドに入っていくことが予想されています。理由のひとつは、政府や日銀が景気対策にかなりの重点を置いていて、いわゆるアベノミクスによる経済効果が今後あらわれると考えられていることです。
政府や日銀は、過去のデフレ脱却の方法として、ある程度のインフレ誘導を目指しているので、様々な景気対策がなされることによって、首都機能が集中している東京の不動産価格も上昇していくことが見込まれています。


東京の不動産価格上昇のもうひとつの大きな理由は、2020年の東京オリンピックが決定したことです。この東京オリンピックは東京のある程度限られた範囲の中で、コンパクトな大会運営がなされることがポイントとなっており、競技場などが集中する湾岸地区においては、マンションなどの不動産購入の動きが早くも活発化しています。
実際に自宅として湾岸地区の不動産購入を考える人も多いですが、将来の不動産値上がりを見込んで、投機目的で購入する人もいます。